甘い夢を見ていた

おいしくるメロンパン / シュガーサーフ

 

年末の大掃除のように、dropboxを整理していたら、以前やっていたjugemブログのバックアップが出てきたので読んでしまった。

 

意識をしなければ理由や根拠やテーマや結論や、文章としての形は"完成"にとらわれてしまう。それらから抜け出して、理由が一切ない場所、そこに言葉と思考だけがある場所、そんな曖昧な場所がほしいなと、再び思ったので作った。

 

自動下書き保存機能がないせいでうっかり書き換えの文章が消えた。お願いします。

 

 

plentyが解散した。

「後悔」がでて、言葉と、声、そしてそれを最小限の楽器が包む、そんな音楽に強く惹かれた。そんな音楽を僕も作りたかった。ラストライブにも行かなかったが、その映像がフルで公開されたので、それを見ながら書いている。

 

 

今年の仕事が終わった。10月以降は慌ただしく、師走のスピード感も手伝ってまさにあっという間だったように思う。相変わらずインプット過多でアウトプットは追いついていないし、生き急いでいるのは相変わらずだ。

 

また、少しずつ変わり始めている。

 

僕は、だいたい2年スパンぐらいで自分が"変わっている"ような意識がある。例えば大学4年生の頃と、大学院修士2年の頃の考え方は思いっきり違う。就職してからの最初の2年間と、その後の2年間もまるっきり違う。自分の中で重要なアップデートがなされて、ソフトウェアのメジャーバージョンが変わったがごとく、前のバージョンの自分は過去なのだ。

 

それぞれにおいて何が具体的に違うのか?と問われると、すべてをはっきり言えるわけじゃない。

 

どこかのタイミングで僕は、他者を思いやることができるようになった。正論を返すのをやめた。寄り添うことを覚えた。

どこかのタイミングで僕は、行動しない理由を探すのをやめた。直感に対して反射レベルで行動できるようになった

どこかのタイミングで僕は、完璧を求めるのをやめた。膨大なやりたいことのうちこぼれておちていくものを追いかけるのをやめた。

 

みんなはそんなアップデートはありましたか。

 

 

最近は、自分のポリシーのような考え方や、自分自身の今後を、自分自身で証明していくようなことが多くなってきた気がする。

ぐるぐる、絶え間なく、かき混ぜていこうぜ、思考を。そして、ぐるぐる、絶え間なく、自分を動かして、思考を動かしていこう。

 

 

自分が人生で大事にしていること3つ。

「言葉を大事に」「会いたいひとに会いに行く」「約束を守る」

そんな人生でありゃ他は何もいらないな。

 

最近は昔ほど会いたいひとに会いにいっていないけれど。(主に金欠)

 

 

こうやって無意識で文章を綴っていても、そのスタイルは昔、例えば大学院生や就職後のそれと全然違うのを感じる。面白いね。

 

 

そういえばjugemはスマホで見た時に1ページのサイズが細かくわけられていて追いかけるのが面倒だった覚えがあるけどそれは改善されているのだろうか。せめて設定可能であればいいのにな。

 

 

夜更かしってわくわくするよな。高校生のときの、カウントダウンTVを楽しみにしていた、土曜の夜を懐かしく思う。

コメント