180209羽田->福岡

タイトルを歌詞にするスタイルをやめた。移動中はシンプルに移動内容をタイトルにする。


飛行機に乗るときに日記を書く。最近はこのただただ思ったことを垂れ流すブログの更新も滞っていた。少し、予定を詰めすぎた。

いつも福岡に帰るとか、遠目の旅行をするときは、金曜とか、月曜を休んでいくのだけど、そのときに限って予定が詰まったり業務の負荷が上がったりして、直前まで睡眠もそこそこのバタバタな日々を過ごしてなんとか向かう、ということになりがちで、とてもよくない。

最近はもっぱら転職活動をしつつ、(まだ面接は受けておらず、いろんな企業と採用関係ない(といいつつ多分ある)お話をしにいく)業務もめいっぱい頑張って、週末は音楽をしてと、充実そうな日々を送っている。

たぶん、今の職場で、自分が価値を発揮できるポジションや、分野は確実に存在するし、自分次第でそのポジションを作り出すことすらできると思う。それでも僕は働く場所を変えようと思う。現職はとても働きやすい。だけど動くんだ。違う世界を見てみたい、そんな好奇心が8割以上だ。

ぼくはぼく自身の直感をとても信じている。


20代後半のこの5年は、自分の人生にとって、とても重要になる、そんな思いがピピンときた。25歳のとき、すなわち入社してすぐの時は具体的なことなど何もなかったけれど、結果、ガムシャラ勉強いて、遊んで、いろんなところにいって、いろんなひとと話して、、、今後を考えると職場を変えてみる、自分の実力で、社外に出るというキャリア選択が出てきた。そういうことだったのか、という感じだ。


この2年間で変わったことはなんだろう。

ぼくは自分自身は2年ぐらいのスパンで大きく過去の自分と変わっているという自覚がある。今考えると、やっぱり自分の市場価値だったり、自分が何が得意で、何が好きなんだ?何がしたいんだ?ってことが、転職活動を通してクリアになったことが大きい。

新卒の就活なんて、あんなん、ノリだからね。ほんと。本当にしたいことなんかじゃないはず。


自分が何がしたくて、何が得意か。これは「どう生きるの」問題に他ならない。

君はどう生きるの。

君は何を思って生きてるの。君は何してるの。


自分自身に対して、どう生きるの?という終わらない問いと、自分とは違う個体であるあなたに対して、あなたはどう思うの?を探り続ける、そんな楽しい人生です。


今回の帰省は大学時代の友人の結婚式。アルバイト先で仲良くなるまで1年かかったわりに、その後の交友は今も続いていて、さらに今は関東にいるなんて、想像しなかったなぁ、うれしいな。年を取ってもめんどくさいぼくをよろしく。
 

コメント